警察対応、被害者との示談、刑事裁判対応でお困りなら

川崎市内の暴行・傷害事件

川崎の人口は1,440,474人(H25年4月1日)と、神奈川県を代表する大都市です。それだけに、人間関係のトラブルは少なくなく、暴行・傷害事件が発生しています。

暴行罪とは

暴行に関する罪については、法律で以下のように規定されています。

刑法第208条(暴行)
暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

刑法第222条(脅迫)
生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
②親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

暴行罪に当たる行為としては、相手を殴る・蹴るといったケースが典型例です。相手に向けて石を投げつける、あるいは唾をはきかけたりする行為も暴行罪に当たることがあります。これは、相手の体に当たらなくても同様です。また、拡声器で大声を発する行為を「暴行」と認定した裁判例もあります。

脅迫罪は、相手に恐怖心を生じさせる目的で、相手やその親族の生命や身体等に害を加える旨を告知することで成立する可能性があります。

川崎市の暴行・傷害事件のニュース(ホームページ公開情報による)

川崎市の高速道路料金所の順番をめぐり暴行・傷害に発展した事件(2011年2月)

神奈川県警宮前署が、高速道路の料金所をめぐり、川崎市の路上で川崎市内に在住の男性を殴ったり蹴ったりする暴行を加え、2週間ケガを負わせた傷害の容疑で、横浜市在住の医師を逮捕した事件。

川崎市で接触事故を起こして逃げ、さらに追突事故を起こした男性が逮捕された事件(2011年1月)

神奈川県警高津署が、川崎市高津区の市道で自動車を運転中、対向車線にはみ出して乗用車に接触し逃走した後、信号待ちで停車中の乗用車3台と警察官が乗ったオートバイに追突して計4人に軽傷を負わせた自動車運転過失傷害の疑いで会社員男性を逮捕した事件。

川崎市で集団で監禁暴行などを行った容疑で男女が逮捕された事件(2011年1月)

神奈川県中原署が、知り合いの横浜市在住の少年ら計6人を乗用車に押し込んで市内を走行し、車内で暴行を加えて重軽傷を負わせた等の監禁と傷害、器物損壊の容疑で、川崎市在住の男女計4人を逮捕した事件。

川崎の情報:川崎市役所の案内

川崎市役所は川崎市の中心に位置し、さまざまな行政手続きの中心を担っています。
ここでは、川崎市役所をお案内します。

川崎市役所本庁舎

住所:〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2111(代表)
開庁時間:月~金曜日 午前8時30分~午後5時(祝休日・12月29日~1月3日を除く)

川崎市役所までのアクセス

川崎市役所本庁へは、JR川崎駅の改札を出て右側東口方面に進み、階段又はエスカレーターで地上に下ります。地上に下りた後、少し直進し誘導ブロックに沿って左に曲がり、90メートル程進んだ後右に曲がり音響装置付信号を通過します。(信号に向かうために右に曲がる手前にも右側に曲がる誘導ブロックがあり、川崎地下街アゼリアに誘導しています。)

誘導ブロックに沿ってそのまま直進し、音響装置付信号、横断歩道、信号、横断歩道、信号を通過した後、30メートル程進んだ左側正面が川崎市役所本庁舎となっています。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

川﨑の刑事事件のよくある相談

川﨑の刑事事件のよくある相談

川崎で刑事事件でお悩みならお電話を

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)