警察対応、被害者との示談、刑事裁判対応でお困りなら

川崎の刑事裁判で無実を主張したい

  • 川崎で冤罪トラブルに巻き込まれた…
  • 川崎の刑事事件で犯罪の容疑をかけられているが、私はやっていない…
  • 川崎に警察に逮捕すると言われているが、身に覚えがない…

このようなご不安をお持ちの方、もう大丈夫です。川崎で冤罪トラブルに巻き込まれても、アトム法律事務所<東京・横浜>の弁護士が最後まで味方として無実を主張して闘います。川崎の冤罪トラブルでお悩みの方は、アトム法律事務所<東京・横浜>にまずはお電話ください。

  • 川崎で職務質問され、逮捕されそうですが、警察に行きたくありません。どうしたらいいですか?

川崎で職務質問を受けたり、それに伴って川崎の警察から任意同行や所持品検査を求められた場合、一般の人は断ると怪しまれると思って応じる方が多いと思います。
むやみに断って、敢えて川崎の警察に怪しまれる必要はありませんが、職務質問はあくまで任意に行われるものなので、違法不当と感じた場合には断っても問題ありません。

もし川崎で職務質問を受け、腕を掴まれて近場の川崎の交番に連れて行かれたり、承諾もしていないのに無理やりかばんの中身をチェックされたりした場合は、違法な行為なので、直ちに断り弁護士に相談してください。

また、川崎で交通事故などを起こした場合は、川崎の警察が「実況見分」という現場の状況を調べて記録する活動をすることになりますが、この時できるだけ弁護士と一緒に立ち会い、間違った記録がされないように確認するようにします。

また、川崎の警察から、任意で捜査に協力してもらいたいといった要請があった場合は、できるだけ弁護士を窓口にして対応することをお勧めします。

  • 川崎で通勤中に、痴漢に間違われました。身に覚えがなく、川崎の警察にやっていないと言っても信じてくれません。どうしたらいいですか?

警察から一度犯罪の容疑をかけられてしまうと、無罪を獲得するのは大変な労力が必要です。被疑者=犯人という前提を持つ警察官に囲まれ、過酷な取り調べを無事に乗り切るためには、取り調べについての正しい知識を持ち、適切に振る舞うことが大切です。

川崎で無実の痴漢の容疑を晴らすためには、まずは川崎ですぐに相談できる、経験豊富な弁護士を選任することが大切です。

川崎の冤罪トラブルで弁護士がついていれば、「黙秘権」という重要な権利をどのように使うべきかアドバイスを受けることができまし、取り調べで喋った内容が記録される供述調書にきちんと記録されているか等、調書にサインする前に相談することができます。

更に、川崎の冤罪トラブルで弁護士がついていれば、無罪を獲得する有利な証拠を収集し、これを書面にまとめて関係当局に提出することができます。川崎の冤罪事件で、早い段階からこうした活動を行うことで、無実を証明する有効な活動につなげることができます。

  • 川崎の刑事事件で無実の容疑をかけられています。川崎の警察から連日呼び出されて、疲れてしまいました。犯罪の容疑が晴らせたらどんなメリットがありますか

川崎の警察を含め、警察から一度犯罪の容疑をかけられると、警察は被疑者=犯人という前提で取り調べを行うため、一度かけられた容疑を晴らすのには多大な労力を要します。加えて、日本の刑事司法では、無罪判決の獲得は統計上0.1パーセントと非常に少ないのが現状です。しかし、真実犯罪を行っていないのであれば、諦めてはいけません。犯罪の容疑が晴らせると、以下の3つのメリットがあります。

① 前科が付かない

冤罪トラブルで川崎の警察に逮捕されても、川崎の事件が不起訴処分や無罪判決を得られれば前科はつきません。この場合、「不起訴処分告知書」や、無罪判決の「判決書」を入手して社会や世間に対して有罪でなかったことを説明し、ご自身の名誉を回復することができます。

② 留置場や拘置所から釈放される

川崎の警察に逮捕・勾留された場合でも、不起訴処分が見込まれる事件では川崎の警察署の留置場から釈放されることができます処分保留)(。川崎の事件が起訴され、保釈が認められなくても、無罪判決が下されれば川崎の留置施設から釈放されます。無罪判決が下され釈放されたなら、仮に検察官が控訴を申し立てても、極めて例外的な場合を除き再度の勾留はされません。

③ 国家に金銭補償を請求できる

川崎の刑事事件で無実の容疑をかけられ、勾留され無罪判決が下された場合は、国家に対し金銭的な補償を請求できます。日本国憲法第40条は、「何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。」と規定しています。

このように、冤罪トラブルに巻き込まれても、犯罪の容疑が晴れることで得られるメリットは大きいです。冤罪トラブルに巻き込まれたら、アトム法律事務所<東京・横浜>にお電話ください。アトム<東京・横浜>の弁護士が、ご依頼者様の盾となって、無実の証明に全力を尽くします。

「大阪府警北堺署 ガソリン窃盗誤認逮捕事件」(平成25年7月)では、アトムの弁護士がご依頼者様の主張をもとに自ら証拠を集めて実証検証を行い、ご依頼者様の容疑を晴らして無実を明らかにしました。アトムには、これまでに多くの否認事件で刑事裁判が開かれることを阻止し、検察官から不起訴処分を獲得してきた実績があります。

川崎の情報:川崎市の行政区

川崎市の行政は、町丁ごとに区役所などが担当しています。ここでは、川崎市の行政区と、区役所等をご紹介します。

行政区

川崎市川崎区:川崎区役所
川崎市川崎区:田島支所
川崎市幸区:幸区役所
川崎市幸区:日吉出張所
川崎市中原区:中原区役所
川崎市高津区:高津区役所
川崎市宮前区:宮前区役所
川崎市宮前区:向丘出張所
川崎市多摩区:多摩区役所
川崎市多摩区:生田出張所
川崎市麻生区:麻生区役所

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

川﨑の刑事事件のよくある相談

川﨑の刑事事件のよくある相談

川崎で刑事事件でお悩みならお電話を

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)